あしたの会ふくろうの家

当施設の特徴
 1984年、障害のある人たちが地域の中で働き、生活できる場を自分たちの手で作ろうと、当時岐阜大学教育学部教授 柚木馥先生と、障がいのある子どもの親たちによって「障がい児の自立を図るあしたの会」が結成されました。以来、「Under-stand」の語源である「相手の立場(下)に立つ」という姿勢で、障がい児・障がい者と共に施設作りや様々な事業を展開してきました。
 1995年 通所事業所「ふくろうの仲間」・喫茶「ふくろう」を開設した後、1997年 通所型小規模授産施設「ふくろうの家」を開設しました。現在では、パン・クッキー・ケーキ作りを行っており、原材料と手作りにこだわった商品を提供しています。
施設名 あしたの会ふくろうの家 保有設備 電気オーブン2台 ガスオーブン5台
業務用冷蔵庫3台 業務用冷凍庫3台
発酵機2台 ドゥコンディショナー 配達用車両4台
施設所属法人 社会福祉法人あしたの会
施設長 村井 稔
施設形態 就労継続支援B型 生活介護
担当者 南 雅晴
住所 岐阜市六条南1-16-3 利用者数 29名
電話番号 058-276-7270 利用時間 9:00~16:00
FAX番号 058-276-0318 事業報告書  
ホームページ http://セシュエット.com/  決算報告書